ぶんかの香り

「ぶんかの香り」は、人間文化研究機構にかかわる研究者による、書きおろしのエッセイです。
さまざまな研究分野で活躍する方々に、開催したシンポジウムやフォーラム、あるいはご自身の研究などについて、自由に語っていただきました。

> No.18山田 慎也 国立歴史民俗博物館准教授
「難聴の中での民俗研究へ」
平成22年03月01日
> No.17影山 太郎 国立国語研究所長
「個の文化、集団の文化―国立国語研究所はこう変わった」
平成22年01月13日
> No.16上羽 陽子 国立民族学博物館助教
「技術からのアプローチ
―展示とワークショップを通しての異文化理解」
平成21年10月15日
> No.15遠藤 崇浩 総合地球環境学研究所助教
「『水』の『ぶんか』考」
平成21年08月26日
> No.14篠原 徹 人間文化研究機構理事
「フィールドワーカーの『為の果て』」
平成21年07月22日
> No.13小松 和彦 国際日本文化研究センター教授
「転換期を迎えた百鬼夜行絵巻研究」
平成21年05月15日
> No.12小林 宏至 人間文化研究機構サイト運営員(社会人類学)
「システムと多様性」
平成20年07月04日
> No.11金田 章裕 人間文化研究機構長
「散歩道の路草」
平成20年05月21日
> No.10及川 昭文 総合研究大学院大学教授
「フォーラムを終えて」
平成20年04月17日
> No.09岸上 伸啓 国立民族学博物館教授
「第7回シンポジウムを終えて」
平成20年01月31日
> No.08加藤 昌嘉 国文学研究資料館准教授
「『源氏物語』と“お祭り騒ぎ”」
平成19年12月11日
> No.07藤沢 桜子 人間文化研究機構・特別プロジェクト研究員
「『米欧回覧実記』をながめながら」
平成19年10月22日
> No.06石井 米雄 人間文化研究機構長
「学問の楽しみ」
平成19年08月30日
> No.05平野 健一郎 人間文化研究機構地域研究推進センター長 
「地域研究の変貌―文化としての地域」
平成19年04月17日
> No.04長野 泰彦 人間文化研究機構理事
「人間文化研究機構」
平成18年11月21日
> No.03日 敏 総合地球環境学研究所長
「総合地球環境学研究所 第1回国際シンポジウムについて」
平成18年11月21日
> No.02鈴木 淳 国文学研究資料館副館長
「第5回シンポジウムを終えて」
平成18年10月05日
> No.01五味 文彦 人間文化研究機構理事
「第5回シンポジウムについて」
平成18年09月19日

※著者の所属・肩書きは掲載時のもの