english

第14回 「ことばの類型と多様性」

第14回 「ことばの類型と多様性」

問題提起

長野 泰彦 (国立民族学博物館教授)

「ことば現象への視座 ―問題提起にかえて」

 

講 演

窪薗 晴夫 (国立国語研究所教授)

「アクセントとイントネーション ―日本語の多様性」

大堀 壽夫 (東京大学准教授)

「『主語』を問い直す」

プラシャント・パルデシ (国立国語研究所准教授)

「言語と認知の類型論:日本語とマラーティー語の対照研究から見えてくる認知の多様性」

太田 斎 (神戸市外国語大学教授)

「言語類型の推移に関わる現象」

森 壮也 (日本貿易振興機構(JETRO)アジア経済研究所 新領域研究センター主任研究員)

「手話の類型論に向けて」

 

総合討論

司 会

長野 泰彦

パネリスト

長野 泰彦

窪薗 晴夫

大堀 壽夫

プラシャント・パルデシ

太田 斎

森 壮也

コメント

角田 太作 (国立国語研究所教授)

菊澤 律子 (国立民族学博物館准教授)

 

※講演者等の肩書きは開催当時のものです

> 広報誌『人間文化 Vol.13』を読むpdf