english

講演会・シンポジウム

 機構では、それぞれの特色を活かした研究活動を展開している6機関の研究成果、ならびに連携研究や地域研究などの人間文化にかかわる総合的研究の成果を一般にわかりやすく伝えることを目的として、公開講演会・シンポジウムを開催しています。

 

シンポジウムのご案内

>最新情報はこちら

終了したシンポジウム

> 第26回 「苦悩する中東」 平成27年04月25日
> 第25回 「グローバル・インドのいま―経済発展と民主政治」 平成26年11月02日
> 第24回 「世界の中の日本研究―京都から語る―」 平成26年06月07日
> 第23回 「高齢期のウェルビーイングと多様な住まい方」 平成26年03月08日
> 第22回 「画像資料による日本人移民への新視点―満州・ブラジル・南洋」 平成25年10月11日
> 第21回 「海を渡った日本語」 平成25年09月01日
> 第20回 「コモンズ:豊かさのために分かちあう」 平成25年01月25日
> 第19回 「日中国交正常化40周年シンポジウム
―日中「歴史の変わり目」をどう考えるか 未来をどう切り開くか」
・京都大会「日本と中国:何をどう学び合ってきたか
―文化と女性の視点から」
平成24年09月22日
・東京大会「日中関係の対立と摩擦を乗り越える」 平成24年09月30日
・名古屋大会「中国経済と日中相互依存の未来」 平成24年10月05日
・福岡大会「地域交流・民間交流で新たな関係創造を」 平成24年10月27日
> 第18回 「不安の時代をどう生きるか―鴨長明と『方丈記』の世界」 平成24年05月19日
> 第17回 「遠い森林、近い森―関係性を問う」 平成23年10月07日
> 第16回 「アジアから琉球弧を考える―海洋をめぐる人・モノ、文化」 平成23年09月23日
> 第15回 「中東の激動を考える」 平成23年07月02日
> 第14回 「ことばの類型と多様性」 平成23年02月19日
> 第13回 「食:生物多様性と文化多様性の接点」 平成22年07月16日
> 第12回 「知の役割 知のおもしろさ
―人間文化研究のめざす道を考える」
平成22年07月09日
> 第11回 「ウチから見た日本語、ソトから見た日本語」 平成21年12月05日
> 第10回 「百鬼夜行の世界」 平成22年07月16日
> 第9回 「源氏物語の魅力」
源氏物語一千年紀記念 国際源氏物語研究集会
平成20年10月13日
> 第8回 「新しい近世史像を求めて」 平成20年06月08日
> 第7回 「国際開発協力へのまなざし ―実践とフィールドワーク」 平成19年11月30日
> 第6回 「世界に広がる日本のポップカルチャー
―マンガ・アニメを中心として」
平成19年06月02日
> 第5回 「人はどんな手紙を書いたか
―近代日本とコミュニケーション」
平成18年09月30日
> 第4回 「人はなぜ花を愛でるのか?」 平成18年05月27日
> 第3回 「人が創った植物たち」 平成17年10月06日
> 第2回 「歩く人文学 ―人文学と社会の新しい関係」 平成17年06月25日
> 第1回 「今なぜ、人間文化か」 平成16年09月25日