english

研究資源共有化システム

研究資源共有化システムとは

人間文化研究機構では、2005年度より、保有する研究データベースを統合的に検索し、活用する研究資源共有化システムの開発を進めてきました。2008年4月から一般に公開し、2012年5月にリニューアルいたしました。

研究資源共有化システムは、以下のシステムから成ります。

 

1, nihuINT(統合検索システム)

nihuINTを利用する

・100以上のデータベースを横断検索

infonihuINTのシステム情報はこちら

 

本機構を構成する6研究機関(国立歴史民俗博物館国文学研究資料館国立国語研究所国際日本文化研究センター総合地球環境学研究所国立民族学博物館)と地域研究推進事業に参加する諸拠点の100を越えるデータベースと国立国会図書館NDL Searchを、一括して横断検索することができます。また、個々のデータベースが持っている時間・空間の情報を用いて、統合的に検索し、表示する機能を実現しています。これを「nihuINT」と呼んでいます。

2, nDP

nDPを利用する

・データベースを作る、探す、活用する

infonDPのシステム情報はこちら

 

「nDP(nihu Data Provider)」は、本機構の「地域研究推進事業(地域研究拠点)」のデータベースなど、人間文化にかかわるさまざまな研究成果を簡易に公開するためのシステムです。nDPで公開した研究成果はnihuINTにより検索することが可能になります。

3, 時空間解析ツール

時空間解析を利用する

・時空間情報を解析する

info時空間解析のシステム情報はこちら

 

時空間解析ツールは、多様な情報を時間と空間を切り口として解析するためのソフトウェアで、空間情報解析のためのGT-Map、時間情報解析のためのGT-Timeがあります。それぞれ、パソコン(Windows)にインストールしてご利用いただけます。

 

4, 人名一覧

人名一覧を利用する

・解説がついた人名情報と統合検索へのリンク

info人名一覧のシステム情報はこちら

 

人名一覧表示システムは、『古事類苑』および芳賀矢一編『日本人名辞典』か ら抽出した近代以前の人物等の一覧中に、『日本人名辞典』に掲載されている 「解説」を説明文として提示したシステムで、姓名等をキーワードとして nihuINTでの検索する機能も備えています。

 

 

研究資源共有化システムの開発に当たっては、人文科学の多種で多数のデータベースを横断検索する方法、その利用者インターフェース、多様な時間・空間情報の扱いとその知識ベースの構築など、幾つかの課題を解決してきました。

しかしながら、まだまだこの事業は緒についたばかりと言えます。使い勝手の問題や残された問題も山積みですが、まず第一版としてみなさまに使っていただき、今後のシステム機能改善などを行いたいと考えています。

なお、改善や研究開発の経緯、および時空間システムの研究開発の状況などについては、随時お知らせいたします。

 

2014年07月28日
人間文化研究機構 研究資源共有化事業委員会

お問い合わせ

人間文化研究機構 研究資源共有化事業委員会

TEL:050-5533-2605 FAX:042-527-6264 (国文学研究資料館内)

お問い合せフォームお問い合わせフォーム

 

最新情報

infoシステム情報

お使いになりたい機関の「nihuINT」が利用不可の場合は、稼働しているほかの機関のシステムをご利用ください。データベース内容および機能はどれも同じです。